« ウクライナの戦禍をみて日本に欠けているものを実感した | トップページ | ウクライナ軍善戦の背景 »

2022年3月12日 (土)

ガンバレ!!ウクライナ

Zelenski

毎日テレビではロシアとウクライナのにらみ合いを報じている。それにしてもテレビに見たこともないロシア専門家なるものが頻出し、それはだいたい私立の大学教授だったりするのだが、まるで現地からの情報を直接仕入れているかのような流暢な話しぶりでやっているが、全部メディアで流れている情報を勝手に頭の中で組み立てて話してるだけのにわか専門家である。コロナの時も、コロナ情報専門家なるものが出てきて煽っていたが、まあ似たようなものである。その辺に転がっている情報の受け売りだ。一次情報と直接接していない専門家の話など全然あてにならない。だいたい今回の軍事侵攻を言い当てた専門家は一人もいないのだから、専門家など居ないに等しいのではないか?

さて素人中の素人である慶がその辺に転がってる情報を眺めても、プーチンの目的はすぐわかる。プーチンの目的はすごくシンプルだ。NATO加盟国、すなわちアメリカの影響下にある国をこれ以上ロシア側に近づけたくない。この一言に尽きる。確かに冷戦期のNATOとワルシャワ条約機構の勢力図を見れば共産主義国家の勢力衰退は明瞭である。外交交渉ではNATO諸国の東進を阻止できないので、軍事力を直接使った瀬戸際作戦で相手側から大幅な譲歩を引き出そうというのが狙いに違いない。特にプーチンと仲の良かったウクライナの前大統領が国民の反感を食らって追い落とされたことが今回の侵攻を計画した端緒になったのだろう。チェチェンやベラルーシの大統領のように、プーチンの犬で周りを固めたいのだ。

当初キエフを急襲して斬首作戦を試みたこと、またプーチン自身もウクライナを占領する気は毛頭ないと公言していることからも、一時的な瀬戸際作戦で反転攻勢に出ようとした可能性が非常に高い。しかし現時点で事態は長期化し、この間にロシアも戦術の立て直しを迫られているし、経済制裁の影響が国全体に日々拡大して、国内からの突き上げも気になる。何より、戦費がどんどんかさんでくる。兵士も何ヶ月も出動させられていて、当然休みなどもないだろうから、既にやる気を失っていると思われる。
こうした状況だと、さらに軍隊のケツを叩いてウクライナを力で屈服させるか、NATOを中心とした西側諸国が大幅な譲歩に傾くか、どちらかを果実の実として取らないとプーチンとしては収まらない。自ら拳を振り上げたものの結果的にいろいろブーメランになって追い込まれている感じは否めない。直近のプーチンの映像でも、話している最中に激しく右手のボールペンを擦ったり、苛立ちが隠せない。現段階では、都市包囲網の結果として市街地戦となり、泥沼の殺戮がじわじわと進んで双方が消耗することは自明だ。ロシアは世界中を敵に回しているので、中国さえ仲介役は買って出ないだろうし、こうした状況で核はおろか、化学兵器さえ使うと自らを追い込んでしまう。そこまでやるほど、プーチンは狂ってはいないだろう。
今後の展開は予断を許さないが市街地戦になって、ウクライナ軍がよほど壊滅的な被害を受けて政権首脳がキエフを逃げ出してしまうということがない限り、事態はずっとこう着状態に陥るだろう。望ましくは、ウクライナ軍が持ちこたえて、ロシアが侵攻を諦めることが望ましいのだが。NATOの総元締めのアメリカも、指をくわえて見ている訳には行かないから、衛星情報や通信傍受、内部通報者を通じて最新の情報をウクライナに伝えていることは間違いない。また、密かに潜入した軍事顧問団が、ウクライナ軍と密に戦略を練って、市街地に突入するロシア軍を撃破すべく態勢を整えていることだろう。コサックの発祥の地なのだから、なんとか一矢報いて欲しいものだ。


Ganbare Ukraine!

Daily TV reports on the matchup between Russia and Ukraine. Everyday not-so-famous Russia experts has appearing in TV programs. Many of them are professors at private universities, and they talk as if they have first-hand information from the ground, but all they do is assemble cheap information from the media in their own minds. They are just fake experts. He and She are recipient of cheap information that can be obtained from anywhere. You can't trust anything from an expert who is not in direct contact with primary information. Indeed, none of expert has succeeded in predicting the present military invasion.

Now, although KEI is a just military amateur, it can easily understand Putin's objective. Putin's objective is very simple: he does not want NATO members, i.e., countries under the influence of the U.S., to move any closer to the Russian side. It boils down to one word. Indeed, if one looks at the power structure of NATO and the Warsaw Pact during the Cold War, the decline in the power of the communist states is clear. Since the eastward expansion of NATO countries cannot be stopped through diplomatic negotiations, the aim must be to extract significant concessions from the other side through a brinkmanship strategy directly using military power. In particular, the fact that the former Ukrainian president, who was close to Putin, was ousted due to public resentment, may have been the catalyst for the planned invasion.

The fact that Putin himself has publicly stated that he has no intention of occupying Ukraine, as well as the fact that he initially attempted to raid and behead Kiev, makes it very likely that he was trying to launch a reversal offensive in a temporary brinkmanship operation. However, the situation is protracted at this point, and Russia is being forced to reorganize its tactics during this time, and the impact of economic sanctions is expanding daily throughout the Russian state, and there are concerns about a domestic pushback. Above all, the cost of war is mounting. Soldiers have been deployed for months and have not rested, so it is likely that they are already losing motivation.
Under these circumstances, Putin will not be satisfied unless he beats the asses of his troops even more and brings Ukraine to its knees by force, or the Western powers, especially NATO, are inclined to make significant concessions, either of which will bear fruit. He has raised his own fist in the air, but as a result, he seems to have been driven into a corner by various boomerangs. In the most recent video of Putin, he rubs the ballpoint pen in his right hand violently while he is speaking, and he cannot hide his irritation. At this stage, it is obvious that the result of the urban siege will be urban warfare, and that the mud slaughter will slowly progress and wear both sides down. Russia has the whole world as its enemy, and even China will not play the role of mediator, and in such a situation, Russia would drive itself into a corner by using nuclear or even chemical weapons. Putin is not crazy enough to go that far.
It is difficult to predict what will happen in the future. If the war turns into an urban war and the Ukrainian army is so devastated that the leaders of the regime flee Kiev, Russia will win. However, the situation may remain deadlocked. The U.S., as the head of NATO, will not stand idly by and watch, and will no doubt be keeping Ukraine informed of the latest developments through satellite intelligence, communications intercepts, and whistleblowers. In addition, a secretly infiltrated military advisory group is probably working closely with the Ukrainian military to formulate a strategy and prepare to destroy the Russian forces that are storming into the city. This is the birthplace of the Cossacks, so I hope they manage to get a shot in the arm.

« ウクライナの戦禍をみて日本に欠けているものを実感した | トップページ | ウクライナ軍善戦の背景 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナの戦禍をみて日本に欠けているものを実感した | トップページ | ウクライナ軍善戦の背景 »