« パッとしない総理大臣、たった1年でおしまい | トップページ | セルフレジの普及についてつらつら考える »

2021年9月11日 (土)

テロとの戦いから20年経過、結局は憎しみと虚無感だけが残った

911pentagon

https://ameblo.jp/poohoowoo/image-12597864645-14760609675.html より

テロ攻撃を受けたペンタゴン(2001年9月11日)

 

今でもハッキリと覚えている。2001年9月11日(火)。慶は晩飯も風呂も終わり、テレビ朝日のニュースステーションを見ていた。番組が始まって台風のニュースを流してしばらく経過した時だろうか、突然ニューヨークから世界貿易センターで事故があったということで、CNNの生中継映像に切り替わった。晴天の青空に高くそびえ立つ世界貿易センタービルが映し出されたが、ビルの上部からモクモクと黒煙が出ている。情報によると、飛行機がビルにぶつかったということだった。どうも事故かなというような報道ぶり。確かにアメリカは個人で飛行機を所有する人が多いので、セスナあたりが間違ってビルにぶつかってしまったのかなと思ってみていた。この時点で、特に大騒ぎするような状況ではなかった。ニュースステーションは関東に上陸した台風のニュースばかり。しかし、こっちは事故の方が気になるので、NHKに切り替えた。こちらは引き続きアメリカからの中継映像を流している。ビル火災が相当ひどそうなので、中の人が煙に巻かれては大変だろうな、特にぶつかったところの上の階の人は下に逃げれないので大丈夫だろうかという感じで眺めていた。

しかし、このNHKの生中継を眺めていたら、いきなり画面の右側から旅客機が猛スピードで現れて、今度は煙が出ているところの下の階にそのまま突っ込んで大爆発を起こした。中継のアナウンサーも悲鳴を上げている。たった今、2機目が突っ込んだとの情報だ。おいおい、一体何が起きているのかさっぱり分からない。これは映画のワンシーンなのか、現実なのか分からなくなってきた。このままずっと中継が続いて、番組はさながら世界貿易センターの事故中継で終わってしまった。しかし、ぶつかったのは紛れもなく旅客機だ。こんな街中で低空飛行するわけがない。加えて同じビルに2機突っ込むなど有り得ない。解説委員は冷静に言葉を選びつつ、状況証拠から判断するとテロの可能性が高いとのことであった。23時を過ぎると、さっきまで煙を吐いていた場所のタワーがなくなっていて、情報によると倒壊してしまったということだ。これは大変だ、全員死亡に違いない。加えて、ペンタゴンでも自動車が爆発して被害が出ていること、さらに別の航空機がハイジャックされているとの情報が次々に入って来る。ブッシュ大統領もテレビカメラの前で、「いまアメリカが何者かに攻撃を受けた」と語っていた。そうか、やっぱりテロか。これは大変だ。とりあえず夜も遅いので、一旦寝ることにした。9月12日(水)、朝起きてテレビを付けると、全テレビ局において、あらゆる角度から飛行機がビルに突っ込む映像、あのペンタゴンが壊れている映像を次々に流して、同時テロが発生と伝えていた。なんともおぞましい映像だ。人が多数乗った飛行機がビルに突っ込んで跡形もなく爆発する映像はひどすぎる。世界中に米軍を展開するペンタゴンに飛行機が突っ込んで一部とはいえぶっ壊れるとか。一体誰が、なんのためにこんな大胆不敵でひどい仕打ちをするのだろうか、怒りだけがこみ上げてきた。

それからの展開はご存じのとおりである。イスラム原理主義のアルカイダが実行組織だということが分かった。ビンラディンが首謀者で、今はアフガニスタンに潜伏しているということも徐々に分かってきた。アメリカは報復に燃えて、またタイミングが悪いことに、当時のブッシュ政権はネオコンと呼ばれる右派強硬派で固められていたので、アフガニスタンへの軍事攻撃準備に入った。それから今年で20年。アルカイダも壊滅させられ、イラクもとばっちりで潰された。しかし、イラクもアフガニスタンも、アメリカが侵攻して民主的な政府を樹立すると意気込んだものの、880兆円近い戦費を投入しても民主的な政府は根付かず、米軍兵士はゲリラ攻撃で命を落とした。そして、ついに先月アフガニスタンからアメリカが撤退して、元のタリバン政権に逆戻りしてしまった。
アメリカが蟻地獄のようなテロとの戦いで足踏みしている間に、中国がしたたかに国力を上げて、気がつけばアメリカを追い落とす位置まで肉薄してきた。もうテロとの戦いで中東の無政府国家に入れ込んでいる余裕はなくなってきた。中国包囲網を早く構築しなければ、アメリカはさらに没落してしまう。それだけ、テロとの戦い作戦は、ベトナム戦争同様に、アメリカの国力を削ぐ結果となってしまった。ここから言えることは、アメリカはゲリラ戦にめっぽう弱いということだ。無人機による幹部殺害もさんざんやってきたが、結局民間人を誤爆したり、次の反米活動人の台頭を促すばかりで、何も解決しなかった。憎しみの連鎖は絶対に切れないということを思い知らされたということだろう。

Twenty years have passed since the war on terror, and in the end, only hatred and emptiness remain
 

I still remember very clearly Tuesday, September 11, 2001. Kei was watching a night TV program "News Station". The program started with the news about the typhoon, and then suddenly it switched to CNN's live coverage of the accident at the World Trade Center from New York. The World Trade Center building towering high in the clear blue sky was shown, but black smoke was coming out of the top of the building. According to the information, a plane had hit the building. It seemed to be an accident. Since many people in the U.S. own their private airplanes, I wondered if the Cessna had hit the building by mistake. At this point, there was nothing to fuss about. The "News Station" was all about the typhoon that had hit the Kanto area of Japan. However, I was more concerned about the accident here, so I switched to NHK. NHK continued to show the news from the US. The fire in the building seemed to be quite severe, and I wondered if the people in the building would be okay if they were engulfed in smoke, especially the people on the floor above where the fire hit.

However, while I was watching this live broadcast by NHK, a passenger plane suddenly appeared from the right side of the screen at a very high speed, and this time it rammed straight into the floor below where the smoke was coming from, causing a huge explosion. The announcer was screaming. A second plane had just crashed into the building. I have no idea what's going on here. I don't know if this is a scene from a movie or reality. The broadcast went on and on, and the program ended up being a live broadcast of the World Trade Center accident. After 11:00 p.m., the tower where the smoke had been coming from was gone, and according to the information, it had collapsed. This is a disaster, everyone must be dead. In addition, we were told that a car had exploded at the Pentagon, and that another plane had been hijacked. President Bush also said in front of the TV cameras that U.S. had been attacked by anyone. So it was a terrorist attack. This is a serious matter. When I woke up 7 a.m. and turned on the TV on Wednesday, September 12, all the TV stations were showing images of airplanes crashing into buildings one after another, telling us that there had been simultaneous terrorist attacks. The images were horrifying. The image of a plane with many people on board crashing into a building and exploding without leaving any trace was horrible. I was filled with anger and wondered who could have done such a terrible thing.

The rest of the story is as you know. It turned out that Al Qaeda, an Islamic fundamentalist group, was the organization responsible. We gradually learned that Osama bin Laden was the ringleader and that he was now hiding in Afghanistan. The U.S. was bent on retaliation, and also because of the bad timing, the Bush administration at that time was made up of right-wing hard-liners so-called "neocons", and they began to prepare for a military attack on Afghanistan. This year is 20 years since then. Al-Qaeda has been destroyed, and Iraq has been crushed in the aftermath. However, in both Iraq and Afghanistan, although the U.S. was determined to invade and establish a democratic government, no democratic government took root even though nearly 880 trillion yen was spent on the war, and U.S. soldiers lost their lives in guerrilla attacks. Finally, the U.S. withdrew from Afghanistan last month, and the country reverted to the original Taliban regime.
While the U.S. is stalling in its anthill-like war against terrorism, China has been steadily increasing its national strength and has found itself in a position to overtake the U.S. We can no longer afford to be absorbed in the anarchy of the Middle East in the fight against terrorism. If we don't quickly build a siege network around China, the US will fall even further. That's how much the war on terrorism has reduced America's national strength, just like the Vietnam War. What can be said from this is that the U.S. is extremely weak in guerrilla warfare. We've done a lot of drone strikes to kill top officials, but it didn't solve anything, because it only led to the mistaken bombing of civilians and the rise of the next anti-American activist. I guess this is a reminder that the cycle of hatred can never be broken.

« パッとしない総理大臣、たった1年でおしまい | トップページ | セルフレジの普及についてつらつら考える »

歴史・民族」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。