« コロナ対策より権力闘争のまっただ中 | トップページ | エッセンシャルワーカーって訳せないな »

2021年9月20日 (月)

ようやくワクチン接種が世界並みに行き渡ってきた


Jpnvaccininterppopulation
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/vaccine-tracker/ より

ワクチン接種率が以下となった。

2021年9月17日 公表時点
1回接種人数: 82,677,879 人 (接種率:65.3%)
うち2回接種: 67,204,659 人 (接種率:53.1%)

ワクチン効果が発揮される2回接種を受けた国民がやっと半数を超えた。1回のみは65%で、これは6~7割に達しているOECD加盟国に匹敵する。10月に入るころには、2回接種の人の割合が諸外国に並ぶだろう。慶もおかげさまで2回接種を済ませることができた。
インド由来のデルタ株は放出するウイルス量が従来株の千倍ぐらいあるようで、またレセプターにも効率的にくっつくようで、これまで感染が見られなかった子供も感染している。ご存じのようにワクチンは12才以下には接種できないので、子供が感染するとなると、12才以上が全員ワクチン接種したとしても、12才以下の子供の中でウイルスが再生産を起こして終息しない。何よりデルタ株の脅威的な力は、2回接種を受けた人も感染しており、しかも低い割合ではあるが重症化もするということだ。一体この強烈な株を生み出した最初の1人目のインド人は誰なのか気になるが、調べようもない。
ワクチンはゲームチェンジャーではあるが、相手がどんどん進化するので、それだけではたてうちできない。やはり新薬開発も同時に急ぐしかない。抗体カクテル治療が承認されて、一定の効果を示しているが、点滴でやらないといけないので、特殊な治療薬だ。町医者でもできる注射、可能なら自分で服用できる錠剤レベルの新薬を急ぐ必要がある。特効薬とワクチンが揃えば、矛と盾が揃って、今回のパンデミックからの出口が見える。
新型ウイルスによる恐怖は、リスクを語る時には必ず項目の一つとして出されていた。新型インフルエンザが差し迫った危機ということで、ニワトリの殺処分は熱心にやっていたが、今回の新型コロナウイルスによるパンデミックを受けて、この程度の対策では危機を乗り越えられないことがハッキリした。新型インフルエンザがヒトーヒト感染を引き起こしてパンデミックに到るというところまで想定しておかねばならない。他のウイルスも同様だ。当然その場合も行動制限のみならず、ワクチンと新薬開発にスピードが求められる。日本は今回どちらも出遅れてしまった。いや、いまだに有事の対応について体制が整っていない。これだと、新しい病原体どころか、外国勢力によるミサイル攻撃でさえ右往左往するのだろう。 早く有事法制について国会で議論をすることだ。 

 

« コロナ対策より権力闘争のまっただ中 | トップページ | エッセンシャルワーカーって訳せないな »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ対策より権力闘争のまっただ中 | トップページ | エッセンシャルワーカーって訳せないな »