« 日本民族の成立過程ー1/2 | トップページ | 1970年代の建設ラッシュの風景 »

2020年9月30日 (水)

恐るべきアナログ録音のクオリティー

Openreeltaperecoder

慶がこのブログで何度か触れてきたが、1970年代、1980年代というのは、基本的にアナログオーディオ全盛時代だ。日本においてコンパクトディスクなるデジタル記憶媒体が出てきたのが1990年代。1980年代はパイオニアがレーザーディスクなる、デジタルオーディオのはしりの製品を販売したり、あるいはデジタル録音装置としてDATなる、テープ方式の記録媒体が発売されたりしていたが、所詮一部のマニアが使う限定的なデバイスであって、基本はレコードとテープ式のアナログレコーダーが主流の時代であった。

今ではこのアナログ時代の音楽も、YouTubeのようなインターネットメディアで再視聴できる時代だが、当然音声はデジタル化されている。しかし、元はアナログ音声のマスター盤からデジタル化して流布させているものだから、デジタル化されたからと言って、何かが変わる訳ではない。しかし、インターネット経由で配信される30年、40年前の音質は実に素晴らしくクリアで、「これが本当に40年前の音源か?」というほどのハイクオリティーである。繰り返すが、アナログとて実に素晴らしい。

では、40年前の録音形式、特にレコードと言われる塩ビの記録媒体に無限コピーをするためのマスター盤の音源はどうやって保存されたのかと言えば、酸化鉄の磁性体を塗布したテープ方式の録音媒体であった。それも、オープンリールレコーダーと言われる巨大なものだ。アナログ時代の記録方式、特にオーディオは、電気信号を磁性体に記録していたのである。一般庶民が録音していたのは、カセットテープという小型化された磁性体式記憶媒体であるが、これは非常に音質の劣化が激しかった。録音される段階で高音と低音側が劣化して、レコードと比較すると情けない音質でしか再生できなかった。それでも自宅であるいはカーステレオで音楽を再生するには十分だったと言える。一方、オープンリールレコーダーはカセットテープと原理は全く同じだが、磁性体の幅が広いだけでなく。テープ送り速度が2倍以上ある。カセットテープと比較すると、広く薄く記録できるので、当然記憶できる面積が広くなり音質が向上する。磁性体の幅は早々変えれないので、プロは速度をどんどん上げて、より原音に近い音質で録音することで、マスター音源としていたのである。我々はその40年ぐらい前のマスター音源がデジタル化されているのを聞いているのだが、非常に優れたものである。アナログの実力を見せつけられる気がする。

オープンリールレコーダーなどは今や博物館展示であるが、このテープ方式の記録媒体はまだ絶滅しておらず、実は近年見直されている。それはオーディオの世界ではなく、企業のデータベース分野において注目されているのである。磁気テープは使われてきた歴史が長いため、データの長期保存性能と安全性が高く、既に技術的な開発は頂点に達しており、安心で安全、コストパフォーマンスに優れているという。近年はコンピューター用バックアップテープの分野で、大容量の磁気テープが企業・政府・金融機関・研究機関で活用されているという。まさに温故知新、アナログ技術とデジタル技術の融合である。

文明というのは、如何に記録を正確かつ長期に残すかも一つの要素である。中国のように書物で厳重に残していたものの、火事で消失したり戦乱で逸散することがほとんどで、戦時中は戦車の足場のために分厚い歴史書が敷き詰められたという笑えない話もある。日本は勉強好きが多いせいか、書物を盛んに写本していたので、原本はなくとも中身は現代まで引き継がれている。

デジタル記憶が全盛の現代でも、例えばDVDなどは、ちょっとでも傷が入れば読み込み不能となるし、基本プラスチック媒体なので、高温多湿条件下では劣化も想定される。その点、フィルム式の磁性体記録方式だと記録部位が剥き出しではないので環境変化に強く、かなりの長期間保存が可能で、仮に傷がついても、その部分以外は再生が可能だ。円盤式の記憶媒体とは異なり、切り貼りができるのだ。慶も巻き込んだり切れてしまったカセットテープをカットしてつなぎ合わせることで、再生可能な状態に戻すことを実際に成功したことがある。まさにアナログとデジタルの「いいとこ取り」をしたメディアといえよう。

« 日本民族の成立過程ー1/2 | トップページ | 1970年代の建設ラッシュの風景 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本民族の成立過程ー1/2 | トップページ | 1970年代の建設ラッシュの風景 »