« 米中貿易戦争がひどくなっている | トップページ | 飛行機に乗るのも勉強 »

2019年5月21日 (火)

愛すべきミックスジュース

関西では駅の改札近くやデパートの地下の入口などに、ジューサーミキサーがずらりと並んだジュースサーバーの店を良く目にする。いわゆる、「ミックスジュース」の店である。いろいろバリエーションはあるが、基本はミックスジュースである。バナナ、ミカン、パイナップル(さらに桜桃やリンゴを入れることもある)、牛乳、氷をジューサーで混ぜて作る。普通ミックスジュースといえば、果物を混ぜてジューサーにかけたものを指すが、関西では牛乳と氷が入るところが少し異なる。通常牛乳が入ると、○○オーレと称するものだが、関西ではあくまで「ミックスジュース」なのである。
阪神梅田駅の改札近くにあるミックスジュースの店などは、安くて利用者もおおく、「さすが大阪」という雰囲気が出ている。しかし、街角で気軽にミックスジュースが飲めるのは大阪ぐらいで、関東に行くと極端に店が少なくなる。慶が東京で気がつくのは秋葉原駅と新橋駅に入っているジュースステーションで、大阪ほど客が溢れている訳ではない。

Hanshinstamixjuice
東京や大阪などの大都会は人混みが多く、ずっと立ったり歩いたりで相当に疲れる。それでいて、腰掛ける場所は皆無に近い。町中のコンクリートジャングルでは空気も乾燥しており、普段ドアtoドアで楽な生活をしている田舎者にとっては、じわじわと疲労が蓄積してくる。そうした時に、水ではなく、とびっきり甘く、それでいて酸味もきいたミックスジュースを飲むと、元気スイッチが入るというものだ。
糖分の多いミックスジュースだが、カリウムの補給源としては貴重である。特にイライラしたり疲れた時は血圧もあがるから、ミックスジュースでカリウム補給することは医学的に悪くはないだろう。また自宅で作るとなると非常に面倒なので、お店で飲む方が絶対によい。

コーヒーも良いが、もうちょっとミックスジュースをゆっくりと飲めるお店が増えて欲しいものだ。

 

« 米中貿易戦争がひどくなっている | トップページ | 飛行機に乗るのも勉強 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米中貿易戦争がひどくなっている | トップページ | 飛行機に乗るのも勉強 »