« 犬の時代は終わったな | トップページ | ボーダレス化はここまで »

2016年6月14日 (火)

個人の意見の羅列はただのゴミ

「ネット民」なる言葉も出てくるほど、インターネットを通じた個人の情報発信力が年々勢いを増している。2ちゃんねるやブログやツイッターなどがその発信源であるが、最近はネットニュースなどの下に直接意見を書き込めるようにしてあって、ニュースのすぐ下にも、ブログへのレスのごときダラダラとした個人の意見が満載されている。
インターネットが登場するまで、個人の意見というのは投稿されたはがき、ファックス、電子メールの内容をアナウンサーが読み上げるというスタイルであった(今でもNHKの定番スタイル)。これだと寄せられた意見の一部を紹介するだけに留まるし、その過程でフィルターがかけられているので、過激な意見はオミットされる。現在は情報発信源に直接個人の意見がダイレクトにアップされる時代である。特にターゲットにされ易い芸能人は、誹謗中傷が飛び交ってブログなどが炎上することも度々である。
慶などは、一体個々の意見を全部見て何の役に立つのか疑問だらけなのだが、どうもネット社会を生きている今の若手世代にとって、この個人の意見は重要みたいだ。要するに、この書き込みの羅列を眺めて、世間の評判を察知しているのである。ホテルや飲食店の「クチコミ」情報を見るがごとく、すべての世の中の情報に対して、タグの代わりに個人の意見を羅列し、そこの「雰囲気」から情報に対する自己判断を決めているという訳だ。
これを従来のシュチエーションに例えて言えば、おばちゃんの立ち話を横で聞くことで世論を理解するようなものだ。ネットに書き込むのはかなり偏った意見を持った者ばかりである。そんな偏った意見をゴマンとみて世間を理解するなど危険きわまりない。おばちゃんの立ち話は確実に「情報のゴミ」であるから、ハッキリ言ってネットの書き込みなどもゴミの山に過ぎない。情報源を見て、まずは自分自身で判断するのが最初であって、いきなり情報のゴミにアクセスするのは間違い。
結局これが世界中に拡散しているから、何処の国でも過激な意見を持った右翼が政治家として台頭しているのではなかろうか。恐ろしい時代になってきた。

« 犬の時代は終わったな | トップページ | ボーダレス化はここまで »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人の意見の羅列はただのゴミ:

« 犬の時代は終わったな | トップページ | ボーダレス化はここまで »