« プラゴミ分別に大いなる疑問 | トップページ | 表示の問題は底なしである »

2013年11月20日 (水)

一番無難な福岡ラーメン

豚骨ラーメンと言えば九州であり、その中心地は発祥の地である福岡である。ということで、福岡に出張すると、誰もが豚骨ラーメンを欲することになる。しかし、意外ではあるが、福岡の玄関口である博多駅周辺でラーメン屋を探すのは結構難しい。博多駅の新幹線口(筑紫口)を出て右に歩いてすぐの所に、「おっしょいラーメン」というのがあって、ここが駅前で福岡ラーメンを食べる定番ポイントである。しかし、こんな立地条件がよく対抗する店も少ないのに、何故か終電前の23時には閉店してしまう。しかも店内が狭い。だから夜遅くに入ろうとすると、殺到した客で全くラーメンを食べることができない。この店を外すと他に見当たらない。じゃあ反対側の博多口に出ると、そちらはオフィス街で夜空いているラーメン屋などない。ということで、博多駅前でラーメンを食べるのは至難の業だ。こういうこともあり、最近改装した駅ビルの2Fにラーメン専門店街が入ったようだ。先日足を運んでみたが、どうも割高で、よそ行きのラーメン屋ばかりで魅力に欠ける。
福岡の人は、ラーメンというのはさんざん飲んだのち、屋台で食っているようだ。駅前は人の往来が多くて邪魔になるので屋台はなく、天神とか中州に集中している。ここは余所から来たビジネスマンがあまり立ち寄ったり宿泊する場所ではない。結局本物の福岡ラーメンを食おうと思えば、地元の人と一緒に動かないとダメである。まして、昼間屋台が出ていない時に本物の福岡ラーメンを食べるのは至難の業である。何だよ、ラーメンの本場と見せかけて、全然ダメではないか。
なぜこのブログを書いているかと言うと、しばらく前に「秘密のケンミンショー」を見ていたら、福岡の人はうどんが大好きであり、お店もたくさんあるとのこと。そんなら最初からそう言えば良いではないか。全然ラーメン中心ではないではないか。そう言われると、ウエストのうどんとかは、そこらじゅうにある。そうか、福岡でラーメンはメジャーではあるが、ナンバーワンでもないのである。ただ飲んだ後のシメに過ぎない。
よそ者にとって、こういう分かり難い状態は正直頭に来る。例えば大阪に行けばたこ焼、ミックスジュースはそこらじゅうにあるし、広島に行けばお好み焼きだらけ。名古屋に行けばエビフライに味噌カツ攻撃。香川は一番わかりやすく、昼食はうどんしか食っていない。それもセルフが多く、自分で茹でて盛りつけて食べている。高知は鰹のタタキしかまともなメニューはないし、宮城に行けば笹カマボコとサンマ攻撃。長崎ならちゃんぽんに皿うどん、青森ならリンゴとホタテ、沖縄ならソーキソバやゴーヤチャンプラーだし、富山ならマス寿司、北海道はシャケとイクラとじゃがいも。誰もが想像する名産品が、もうやめてくれと言わんばかり提供される環境がわかりやすい。そのことこそ、「名産品」の証である。
そういうことで、このわかりにくい福岡のラーメン事情を打破するため、どうしても福岡で豚骨ラーメンを味わいたいのであれば、「博多金龍」をお勧めする。金龍というと、関西の人は道頓堀にある老舗のラーメン屋を想像するかもしれないが、これとは全く関係ない。「博多金龍(ヒル・トップフードシステム株式会社)」、福岡県を中心にチェーン展開するラーメン屋である。福岡で有名チェーン店というと、「一風堂」や「一蘭」の名前が浮かぶが、実際には金龍が現地を圧倒している。福岡の人は「安物」「人工的味付け」ということで蔑んでいるようだが、店の展開を見ると、一番集客しているのではないか。とにかくコストパフォーマンスが高い。メインの豚骨ラーメンは360円である。しかも、味は化学調味料がバッチリ利いて濃厚である。有り難いことに、紅ショウガ、辛子高菜、すりゴマが取り放題である。細麺、豚骨、濃厚ということで、万人が食べてオイシイと思える豚骨ラーメンである。下手に福岡の市内や駅前で探し回って高いラーメンを食わされるぐらいなら、金龍へ行った方がマシである。
Kinryuramen

残念ながらこの店は郊外にしかないので、行くには車が必要。レンタカーなどで福岡観光をするのであれば、是非とも金龍で福岡ラーメンを堪能することをお勧めする。どこの店舗に行っても、マンガの単行本が山のように置いてあり、昼時に長居しても全然お咎めがない、実に不思議なラーメン屋である。

« プラゴミ分別に大いなる疑問 | トップページ | 表示の問題は底なしである »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一番無難な福岡ラーメン:

« プラゴミ分別に大いなる疑問 | トップページ | 表示の問題は底なしである »