« 「難升米」検索でこのブログがトップ10入り? | トップページ | 瀬戸際外交また有効か »

2013年4月15日 (月)

お気に入りの駅弁: 桃太郎の祭ずし

前回お気に入りの駅弁として「じゅうじゅう亭」を紹介した。東京駅や名古屋駅をブラブラしていて、これと言った魅力的な駅弁に出会った試しがない。没個性の極みである。そうしたなか、もう一つのお気に入り弁当は意外な場所にあった。岡山駅で売られている「桃太郎の祭ずし」である。
この駅弁の論評をする前に、少し解説を加える。桃太郎の祭ずしは商品名であって、オリジナルの岡山郷土料理がある。岡山県民が最上級のご馳走と位置づけている「ばら寿司」である。おめでたい時にはばら寿司と相場が決まっているそうだ。岡山県民はこれこそ我が県が誇る最上級の料理に違いないということで、旅行で旅館などに宿泊し、そこの夕食で、仲居さんが「これがばら寿司ですよ」と大変な誇りを持って給仕しながら語るのだが、出されたものを見ると基本的に「ちらし寿司」である。「これちらし寿司じゃないんですか?」と素朴な疑問を呈すると、「いや、これはばら寿司と言って、昔から岡山にある名物料理なんです」と念押しされて会話が停止する。
まあ確かに良く見ると、具材は豊富である。だから他県民としては、『ちょっと豪華な”ちらし寿司”を岡山では”ばら寿司”と呼ぶ』ということで理解すれば齟齬はない。要はネーミングの問題である。それにしてもちらし寿司が最上級の料理だった時代は相当昔の話だ。今では赤飯もちらし寿司も、数多ある料理の一つに過ぎない。このちらし寿司(ばら寿司)が未だに岡山のトップに君臨しているとなると、食文化の程度が類推できる。香川県と岡山県は娯楽への支出額、外食の割合、貯蓄率など、ケチケチ度の統計で毎回1位、2位を争う質素倹約の土地柄だ。このばら寿司が生まれた背景も、藩主の質素倹約令への反動で生まれたという。根が深いのである。
解説が長くなってしまった。ばら寿司を駅弁にデフォルメしたのが桃太郎の祭ずしである。価格は税込で1,000円。駅弁としては平均的な値段だ。パッケージはネーミングのとおり、岡山名物キャラの「桃太郎」である。分かり易い。そして、外箱を取るとピンクの桃の弁当箱が出てきて仰天する。紙容器ではなく、立派なポリスチレン製容器だ。これは捨てるのがもったいないので、持ち帰るとだいたいが子供のアクセサリー入れと化す。フタを開けると、いや、もはやちらし寿司とは呼ばせない豪華さである。会社のホームページの写真と見比べると、ホームページの方が少し具材のサイズがでかい。この写真は実際に慶が購入して撮影したものである。それでも立派な出来映えである。

Matsurisuishi

一体何種類具材が乗っているのだろうか。数えると、酢飯と金糸卵を除くと、13種類もある。ほとんどが海の幸で豪華だ。すぐに分かるのは、竹の子煮、椎茸煮、菜の花、酢レンコン、紅生姜など。これはちらし寿司の定番具材である。エビはお頭付きでこの弁当の華である。穴子は白焼きが1枚と、きざみ煮が2カ所に分かれて入っている。酢漬のタコとシャコも確認できる。だいたい普通のちらし寿司はここまでであるが、これから先にちょっと見かけない具材が入っている。酢漬の魚が3つ入っている。コノシロ(関東でいうところのコハダ)の酢漬は皮の黒い点々の模様で分かるのだが、他の2種類は何だろうか。背切りにされたサバっぽいのは、「サワラ」だ。これも旅館の仲居さんがしきりに説明してくれたが、岡山県では超高級魚らしい。サワラが高級魚??まあ、あまり詮索しまい。最後の鰯のような酢漬は、岡山のお土産品コーナー行けばワサワサ見かけるものだ。「ままかり酢漬」だ。ままかりとは何ぞや?正式和名はサッパという小魚らしい。これも岡山ではさすがに高級魚ではないが、大衆魚らしい。最後にアサリの甘露煮みたいなのは、「も貝」となっている。も貝とは一体何なのよ。調べたらサルボウ(猿頬貝)らしい。赤貝の缶詰に使われるニセ赤貝である。
何か弁当会社の回し者みたいになったが、桃太郎の祭ずしは大変豪華でヘルシーな駅弁に間違いないし、ご当地の海の幸がふんだんに使われている。慶としては、お勧めの駅弁のひとつである。

三好野本店のお弁当紹介サイト
http://www.miyoshino.com/obento/matsuri.html

« 「難升米」検索でこのブログがトップ10入り? | トップページ | 瀬戸際外交また有効か »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お気に入りの駅弁: 桃太郎の祭ずし:

« 「難升米」検索でこのブログがトップ10入り? | トップページ | 瀬戸際外交また有効か »