« 女性の底力に感激 | トップページ | 北海道にハブ空港を作るべきだ! »

2013年2月22日 (金)

筑前煮にハマリそう

子供のころはじいさんやばあさんが存命だったので、筑前煮やお煮染めが食卓に良く出ていた。当然具材は根菜もの、コンニャク、レンコン、しいたけ、昆布巻き、ニンジンなどが多くて、育ち盛りの子供には辛いメニューだった。それでも食べるものがないから我慢してつついていたが、反抗期に入った中学生のころに遂に切れて、「たまにはうまい肉など出ないのか!」と叫んでしまった。そうすると母親と父親が口を揃えて、「うちは生活が苦しいから贅沢はできない、これで我慢しなさい」と言われて、言った方、言われた方、変な空気が立ちこめて落ち込んだことがあった。そうか、うちは決して豊かではないんだ、ということは、自分がしっかりしないと、両親を将来苦労させるかもしれない、そう悟った次第である。それ以来、少しは勉強するようになり、出された食事には一切文句を言わないようになった。また言われた母親も少しバツが悪かったのか、それからしばらくはウインナーやハムが食卓に頻度良く出てきたものである。あれから30年以上経過しているが、社会人になった息子がたまに帰省すると、昔の怨念返しか愛情かどうか分からないが、すさまじいご馳走を出してくれる。もう、中年太りして糖尿病予備軍になりつつあるので、正直ご馳走は要らないのだが、親にとって子供はいつまで経っても子供なのである。
さて、精進料理のような年寄り料理だが、ここに来て慶は結構お気に入りになりつつある。ヒトは齢を重ねるとともに、どうしても味覚が変わるから、必然的に年寄り臭い料理にはまりつつある。しかしなぜ、味も香りも何もない、レンコンやコンニャクなどを食べたいと思うのか、少し真剣に考えてみた。まず年を取ると油っぽいモノは苦手になる。特に揚げ物はしんどくなる。衣の油のまったり感とほのかな渋みと臭みは、油攻撃を受けているのが良く分かる。そもそも胃がもたれる。ウインナー、ハンバーグ、ハムなどの獣臭が強いものも徐々に避けるようになる。昔はあれだけ美味しかったのに、何となく臭い・味のいずれも、強烈にもたれるのである。また、やたらとジューシーなものは汁が垂れて汚れるのが嫌なので、これまた避ける感じだ。ステーキがうまいのは間違いないが、切ったり汁が飛んだりするのは嫌である。要するに食べる行為そのものが面倒になるのである。そうすると、油っぽく無く、チョコチョコつまんですぐにお腹いっぱいになるものに手が伸びてしまう。このように、「ちょっと食べてすぐにお腹いっぱいになる」というのが、面倒な年寄りには大事なポイントだ。そうすると、レンコンやコンニャクは確かに腹持ちが良く、汁も垂れない。高野豆腐も椎茸も、味が良く染み込み、口に入れるまでは汁が垂れず、口の中でジューシーなのである。咀嚼回数も必然的に多くなるので、これとご飯と味噌汁があればすぐお腹いっぱいになる。食事時間が極めて短くて済むし、動作が少なくて済む。だから年寄り料理は味だけで無く、時間や腹持ちや作る手間などを総合的に勘案し、由と判断されていると思う。カニを食ったり、骨付きの肉を食べるなど、面倒な年寄りには最低である。
これから高齢者の食事をどうするかで企業はあれこれ思案しているようだが、そうすると咀嚼しやすいように、やたらと軟らかく、ジューシーに食材を加工しようと商品開発が進んでいる。しかし、年寄りは面倒な性分なので、箸でつまめず崩れたり、ダラダラ汁が垂れるようなものはいくら軟らかくても全然ダメだ。年寄りといっても、歯がない、咀嚼できない高齢者が主流ではない。現代の60代、70代は以外に達者なのである。ここの世代の人口が一番多いので、軟らかければ良いというものでもない。一口サイズで汁が垂れず、しかし噛むと口の中ではジューシー、すぐにお腹いっぱいになるものを欲している。そうすると、かなり特殊な加工を施さないと、高齢者の心と舌は掴めない。企業は全然ニーズを掴めていない。
まだ高齢者の予備軍ではあるが、かの世代が好きな食材が見事に網羅された筑前煮を最近マメに調理して副菜に添えるようにした。手前味噌であるが上出来である。現代のスーパーやディスカウントストアに行けば、筑前煮用の冷凍根菜が売ってあるから、単身者にとってはこれが一番簡単である。焦げないよう、醤油を最後に足して味を調整するというのがミソである。しずしずと眺めてみて、この筑前煮というのはヘルシーだけでなく、実に地球環境に優しい食材ばかりである。タンパク質は鶏肉だけ。後は国内で無農薬で調達できる食材ばかりである。しかもどれも保存が利く。食物繊維は半端な量ではない。たぶん筑前煮のカロリー、食物繊維量、コレステロール値を示せば、世界じゅうのダイエッターは必ず感動するに違いない。世界に羽ばたけ筑前煮!

Chikuzenni3

Chikuzenni2_2

Chikuzenni_2

« 女性の底力に感激 | トップページ | 北海道にハブ空港を作るべきだ! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筑前煮にハマリそう:

« 女性の底力に感激 | トップページ | 北海道にハブ空港を作るべきだ! »