« 卑弥呼の右腕である難升米の正体は? | トップページ | サマータイムは要らないがバカンスは採用しよう »

2012年8月 5日 (日)

夏においしいオリジナル麻婆豆腐を披露します

食欲の無い真夏にピリ辛系はいいですよね。カレーが定番なのでしょうが、慶のオリジナル麻婆豆腐を紹介。コンセプトは具だくさんでカロリー低く、お財布にも優しいです。具材は以下のとおり。

<基本具材>
・もやし 1袋    30円ぐらい
・ピーマン 2玉 50円ぐらい
・えのき 1/2株 40円ぐらい
・ネギかニラ少々
・トリムネ肉 50グラム 50円ぐらい、みじん切りする
・麻婆豆腐の素 ドラッグストアコスモスのON365を1人前(128円÷2=64円)
・もめん豆腐 1丁 80円ぐらい
ここまでの食材費合計は320円ぐらい

On365_mabootofuspice

<香辛料>
・コショウ、唐辛子、ごま油、砂糖
・オイスターソース(あれば)。無ければ塩を少し足します。
・紅ショウガ
・スライスニンニク

 調理法は具材をすべて一緒にフライパンに入れてごま油、スライスニンニク、コショウ、唐辛子を加えて加熱します。豆腐やもやしから水分が出てきたら、麻婆豆腐の素、オイスターソースと砂糖を少々加えてやや煮込みます。その後にとろみ粉で仕上げてできあがり。

Mabootofu2

<特徴>
 ボリューム満点で2~3人前あります。もやしがたっぷりあり、サッパリ系で胃にもたれません。辛みは唐辛子の量で調整します。

<盛りつけ>
 写真のようにご飯を放り込んで半どんぶりにしても美味しいですよ。

Mabootofu

« 卑弥呼の右腕である難升米の正体は? | トップページ | サマータイムは要らないがバカンスは採用しよう »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏においしいオリジナル麻婆豆腐を披露します:

« 卑弥呼の右腕である難升米の正体は? | トップページ | サマータイムは要らないがバカンスは採用しよう »