« パンはちょっと苦手です.... | トップページ | がんばれ大阪!! »

2011年11月19日 (土)

B級グルメを誰かちゃんと定義して下さい!

 この年末に近くなってくると、なぜかB-1グランプリが話題となる。B-1グランプリとはB級グルメの全国コンテストである。今年は1位と2位を岡山県の焼きそばが獲得した。また被災地として、福島の浪江焼きそばが上位に食い込んだことも話題となった。それは結構なことなのだが、そもそもB級グルメって焼きそばなんですか?それとも粉ものの総称なんでしょうか?
 世間体的には、「庶民的な粉もののなかで比較的おいしいもの」をB級グルメと定義しているようです。しかし、粉ものの代表であるラーメンやうどんがこれに参加している形跡はないし、まさにこの定義に合致しそうな関西や広島のお好み焼き、たこ焼き、明石焼、もんじゃ焼きなどは、このグランプリに最初から参加していません。ホルモン焼きそばと讃岐うどんを比べれば、食材的・価格帯的に讃岐うどんの方が遙かにB級です。既に逆転現象が起きているということは、この定義では何を想定しているのか皆目わかりません。コンテストを公平に行うために最も大事なのは、スポーツ競技同様、定義とルールです。
 趣旨的には長期的デフレ社会の中、「地方で眠っていた粉もの食文化の掘り起こしコンテスト」とみた方が良いようです。ですので、「既に全国区となって卒業した粉ものはさておき、これから伸びそうな粉ものにスポットライトを当てましょうコンテスト」という定義であれば慶も納得です。それだとしても、既にパン、ラーメン、うどん、そば、パスタ、素麺、お好み焼き、たこ焼き、鯛焼きなど粉もののほとんどは全国区になっています。また全国区ではないとはいえ、まさか秋田のきりたんぽや大分のだご汁を出展する訳にも行かないでしょう。そういった意味で、これ以外に加える粉ものは焼きそばしか出てこないのは自明です。たぶんこの先数年でネタ切れ、定義不足でこのコンテストも空中分解となることでしょう。
 このB級グルメで上位を占めているところを見ると、どうもA級グルメ、全国区となっている粉もの文化の不在地帯が多い傾向です。単純に、取りこぼしのところが焼きそばで起死回生をかけているだけのような気がします。そのうち上位を狙うことが目的化すれば、当然具材の豪華さで勝負してきてA級との差が判らなくなります。既に今年のコンテストでもステーキとか出てきていて、とてもB級とは言えません。
 従って、今後は「1食780円(10ドル)以内」「重量ベースで炭水化物率50%以上」「具材は5種以内」とか定義をきちんとした上でやって頂きたいと考えます。また、既存の全国区粉もの、焼きそば以外の粉ものを新しく開発してもらいたいものです。慶はこういう筋がハッキリしないことに、空気だけでやたらと盛り上がるのは正直苦手なんです。

« パンはちょっと苦手です.... | トップページ | がんばれ大阪!! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B級グルメを誰かちゃんと定義して下さい!:

« パンはちょっと苦手です.... | トップページ | がんばれ大阪!! »