« 日本は生き残れるのだろうか | トップページ | 恐ろしく効果のあるフットスプレー »

2011年10月26日 (水)

豚キムチいけます

いきなり自炊ネタです。一人暮らしで一番困るのは、料理のレパートリーが短調化すること。同じものを食べるのはあまり健康によくありません。まとめて作ったカレーやおでんを3日連続で食べるとか。栄養学的にも精神的にもよろしくありません。だからといって、毎日異なる料理は食材的・ネタ的にしんどい。そうなると、勢い惣菜頼りになりがちですが、これでは高くつくので自炊の意味がありません。

慶はこの問題を解決するひとつの方法として、炒め物のレパートリーで回避しています。炒め物はフライパンさえあれば何とかなりますし、目で食材の状態をまんべんなく観察しながら調理できますので、失敗がありません。また、不足がちな野菜を温野菜としてたくさん食べることができますので、体にもよいと思います。どうしても肉料理中心になってしまいますが、その分朝食で欠かさず魚を食べることで補うことは可能です。

その炒め物のレパートリー中で、鉄板メニューなのが「豚キムチ」です。豚キムチは、夏でも冬でもどっちでもいけます。豚とキムチだけで調理しても十分においしいのですが、それでは食材費が高くつきます。そこで、モヤシ、ピーマン、タマネギ、ニンジン、ニラ、しめじ、あるいはキャベツなど、その時々に冷蔵庫の中に転がっている野菜を一緒に炒める。味付けは塩こしょう、ニンニクとショウガ(チューブタイプで十分)、砂糖少々。キムチに立派に味がついているので、基本的に外れはありません。

Butakimuchi

さらに物足りなければ、チーズ、もみのり、紅ショウガなどをトッピングすればさらに味のバリエーションが広がります。とどめに残り汁をご飯にしみこませ、卵かけご飯にして締めればグロッキーです!

典型的な男の料理なのですが、是非とも家庭でも試して下さい。

« 日本は生き残れるのだろうか | トップページ | 恐ろしく効果のあるフットスプレー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豚キムチいけます:

« 日本は生き残れるのだろうか | トップページ | 恐ろしく効果のあるフットスプレー »